10月24日(日)ホッチポッチミュージックフェスティバルに参加しました!

更新日:2021年11月5日

10月24日(日)、横浜阿波おどりプロジェクトに共感頂いた有志による合同連にてホッチポッチミュージックフェスティバルに参加させて頂きました。

2019年、2020年に引き続き3回目の出演となります。貴重な機会を頂いたスタッフの皆様、足をお運びいただいたお客様、カメラマンの皆様に、心より感謝申し上げます。


さて今回も、少し裏側の様子もお届けしたいと思います。

Facebookでも共有したことがありますが、「うみかぜ横浜阿波おどり」同様、毎回Webミーティング形式で打合せを行っておりました。


今回は、流し踊りはなく、水のステージでの演舞となります。演舞時間は約10分、当日の鳴り物や踊り手の人数を確認し、どのような構成にするか検討します。


構成を考えるうえで、実際に現場を下見し、イメージを高めます。


構成の検討は、「ぎんざ粋狂連」山口さん、「湘南なぎさ連」伊藤さんが軸になって下さり、流しで入場、男踊り、女踊り、三角、スロー、フィナーレ、の順で行うことになりました。後述にもありますが、コロナ禍合同練習ができない中、ぶっつけ本番での合わせとなり、お二人のご協力なしには演舞は成しえませんでした。ただただ感謝です。


構成はこのような形で出演者に共有されます。